ケイ素水 ランキング

シリカ水とは

 

近年、日本でも、シリカ水の美容と健康への効果が大変注目されてきています。
実に欧米では日本よりもずっと前から、シリカ水の美容と健康への効能に人気が高まっていて、
若い女性をはじめ年配の女性も好んでシリカ水を飲用しているのです。

 

シリカはミネラルです。
私達が生活している地球上では、酸素に次いで多い元素で、別名、ケイ素、シリコン、ともいいます。
ケイ素は、半導体、レンズ、窓の材料としても利用されている大変貴重なミネラルなのです。

近年の研究の結果、ケイ素はヒトの細胞の組織統合を強める働きがあるということがわかりました。
つまり、ヒトの皮膚、骨、腱、筋肉、髪、血管、歯、爪といった組織を丈夫にしてくれるのです。

 

特に皮膚組織の統合に欠かせないコラーゲンの結びつきを強めてくれるため、
はりのある美肌への効果にとても注目が集まっています。
骨を形成する初期段階において、カルシウムのコラーゲン沈着を助け骨を強くしてくれるのもこのケイ素です。

 

しかし、ケイ素は体内で生成することは不可能ですので、加齢ととも減少していきます。

 

 

ケイ素が体内から減少していくと骨や爪がもろくなったり、髪の毛が抜けやすくなったり、
皮膚がたるみやすくなったり、血管に脂肪がつきやすくなったりします。
そのため、加齢とともに発症する骨粗しょう症や動脈硬化にも関係しているのでは、といわれています。

 

シリカの必要摂取量は、毎日9mg程度と規定されています。

 

穀物や海藻類などにもシリカは含まれています。
なかでもシリカ含有量が群を抜いて多いのは、わかめです。

 

しかし、毎日200gものわかめを摂取しなければ規定量が摂取できないことから、
食材から直接シリカを継続して摂取することはとても大変なことがわかります。

 

そこで、肌、骨、血管などの若さを保つための役割を担うケイ素が含まれる
「シリカ水」のアンチエイジング効果が注目されているのです。

 

以前、海外では、飲料用のシリカ粉末が薬局で販売されていたので
自宅でコップ一杯のお水にシリカを混ぜて飲む方も大勢おられましたが、
現在、世界そして日本でも、シリカ水あるいはシリカが含まれるミネラルウォーターがボトルで販売されているため、
いつでもどこでも、手軽にシリカ水が飲めるようになっています。

 

 

ミネラルウォーターは、全世界で好まれていますが、シリカ水やシリカ含有のミネラルウォーターは、
スーパーモデルやハリウッドのセレブの間で、口コミによりあっという間に広がって、
美を追求する女性の愛飲者が多いのも特徴的です。

 

シリカウォーターは、常温でもおいしい、飲みやすい、まろやか、普通のお水より甘みが感じられる、
といった好感触の感想が圧倒的ですので、長く継続して愛飲できます。

 

美肌、髪、爪、骨、血管、いつまでも健康な状態を保つ、
そんな願いをこめて、シリカ水を飲みはじめてみるのも良いかもしれませんね。

 

シリカ水の効果

シリカ水の美容と健康そしてアンチエイジング効果の高さが、今世界で大注目されています。
シリカ水に含まれているのは、ミネラルであるケイ素です。

 

ケイ素は、人にとって絶対に必要性のある元素とされており、
人の細胞の組織統合を強める働きがあることで知られています。
ケイ素は、人の身体の臓器や器官(主に内臓、皮膚、骨格)に微量ですが存在しています。

 

しかし、体内で生産することはできず、また加齢とともにその量も減少してゆきます。
したがって、日常生活において体外から補給することが必要である、とされています。

 

シリカ水には沢山の効果が期待されていますが、ここでいくつかあげてみます。

 

動脈硬化の予防

医療機関において、動脈硬化を発症した患者あるいは動脈硬化が進行している患者の動脈を検査したところ、患者群の血管には、健康な人の血管に比べ、たった14分の1のケイ素しか含まれていないことがわかりました。

 

ケイ素が少ないことと動脈硬化との因果関係が示されたことになります。
つまり、血液中にケイ素が多いほど動脈硬化を発症しにくいということです。

 

ケイ素が不足すると、血中の悪玉コレステロールが血管に付着しやすいことがわかってきています。


はりのある皮膚

ケイ素は皮膚にも含まれていますが、皮膚組織の統合に必要なコラーゲンを結びつける役割を担っていますので、皮膚細胞にはりをもたせ、たるみをなくすためには、そのコラーゲンを結びつけるケイ素が必要なのです。

 

したがって、はりがない肌、たるんでいる肌には、ケイ素が少ないことなります。
加齢にともないケイ素が減少してくると、肌にはりがなくなるのは、このせいなのです。


骨の強化と骨粗しょう症の予防

骨は、私達の身体を支えているだけではなく、カルシウムの貯蔵庫でもあります。
体内では骨に蓄えられているカルシウムが必要なときに出し入れされており
、筋肉や神経そしてホルモン分泌にも関係している大切な役割をもっています。

 

医療機関で、多くの被験者の骨密度を計測した結果、
ケイ素摂取量が多い者ほど骨密度が高いという結果が出ています。

 

ケイ素はカルシウムのコラーゲン沈着を強化し、骨形成の初期段階では骨を強くしてくれます。

 

また、1970年代、欧米の共同研究機関による結果では、シリカ摂取量と骨の強さは密接に関係しており、
その影響はカルシウムよりも大きいというものでした。

 

デトックス効果

前述の動脈硬化でも記述しましたが、ケイ素は血中の悪玉コレステロールを排出する効果だけではなく、体内に蓄積された毒素や老廃物を体外へ排出してくれる効果があるといわれています。

 

抗酸化作用も期待されているため、血管だけではなく細胞の劣化も防ぐ効果も期待されています。
また、ケイ素は強い殺菌効果があるため、大腸菌や口内菌の殺菌にも効果があるといわれています。


 

内から?外から?シリカウォーターの気になる使い方

美肌・美髪効果が期待されるミネラルウォーターとして人気急上昇中のシリカウォーター。
飲料用として飲む以外にも、化粧水などに使って外からシリカを補給する方法もあるのはご存じでしょうか。

 

美肌を維持する肌スプレー

シリカウォーターに多く含まれるシリカ(二酸化ケイ素)にはコラーゲンの密度をあげて
肌の保湿力をアップさせ、肌にハリとツヤを与える働きが期待されています。

 

化粧用の小さなスプレーボトルにシリカウォーターを入れて持ち歩き、
お肌や髪の乾燥が気になってきたらシュッとひと吹き。

 

保湿効果のあるシリカを含むミネラルウォーターが身体の外からお肌と髪に潤いを与えてくれます。


 

化粧水にブレンド

肌のトラブルを防止してコンディションを整える効果があると言われるシリカ。
日々のお手入れにもぜひ活用したいところです。

 

化粧水などの中には既にシリカが配合された商品もありますが、
お手持ちのものに加えてシリカを補給したいときには
シリカウォーターをブレンドすることでオリジナルの化粧水を作ることができます。


 

髪にも顔にもシリカ

髪を洗うときにシャンプーやリンスをシリカウォーターと混ぜて使うことで、
美髪効果があると言われるシリカを髪に補給することができます。

 

また、洗顔フォームを泡立てる際にシリカウォーターを混ぜ、
洗顔後シリカ入り化粧品でしっかり保湿を行うことによってより高い保湿効果が期待できます。


 

ちょっと贅沢な使い方

コストを考えるとなかなか挑戦することはできませんが、いわゆる濃縮還元タイプや
ブラックシリカの原石から作るシリカウォーターなど、
ある程度の量を確保できる場合にオススメなのがシリカ風呂です。

 

発汗作用が促進されて血行がよくなり、身体が芯から温まるだけでなく、
全身をシリカのお湯に浸すことでこれ以上ない美肌効果が期待できるでしょう。


 

植物にもシリカウォーター

人間の身体に様々な効果をもたらすシリカウォーター。
もし少し余裕があったら、お気に入りの観葉植物にもあげてみましょう。

 

シリカを含むミネラルウォーターをあげることで、
植物は新鮮さを長く維持させることができます。


身体の内側からだけでなく、外側からの補給でも効果が期待される万能ミネラルウォーターですが、
自分だけではなく、部屋を彩る植物もイキイキさせることで、
心により一層潤いを与えることができるかもしれません。

 

そのまま飲むだけじゃない!シリカウォーター応用編

高い美容効果が期待され、海外セレブたちの間で話題になってから一気に世界中で人気が爆発しているシリカウォーター。
シリカと呼ばれる二酸化ケイ素を豊富に含むこのミネラルウォーターは、美しい肌や髪の維持、健康的な骨づくりなどに効果があるとされ、継続して飲み続けるファンも増加中です。

 

飽きない摂取方法の工夫

個々の水に含まれるシリカの量のにもよりますが、シリカウォーターの理想摂取量は一日に1リットルから2リットルと言われています。
いくら口当たりの良いミネラルウォーターであっても、水そのままの状態でこれだけの量を飲み続けるのは飽きてしまいそう……。
そんなときは、仕事の合間や休憩時間に飲むコーヒーや紅茶、お茶などを淹れるときに使う水をシリカウォーターに切り替えてみましょう。
シリカウォーターは一般的にまろやかな口当たりで飲みやすいと言われています。
その時の気分に合わせてコーヒーやお茶を淹れる水として使えば、こまめに水分を補給することができますし、リフレッシュすることもできて飽きることなく飲み続けることができるでしょう。

 

料理にも使える優れもの

クセがなくて飲みやすいシリカウォーターは、通常の水と同様に料理にも使用することができます。
濃縮液タイプのシリカウォーターを販売する会社の使用例によると、お米を炊くときに使用すると炊きあがりの色つやが良くなり、もっちりとした新米のようなご飯が炊けると紹介されているので、これはぜひ試したいところ。

 

このほか、煮込み料理に使用することで水に含まれるミネラルが素材の味を引き立て、料理の味わい深くなるとも言われています。
味噌汁を作るときに使う水をシリカウォーターにすれば、飲み忘れることなく毎日きちんとシリカを補給することができそうです。

 

綺麗で健康的な髪やお肌のために毎日飲み続けたいシリカウォーター。
そのまま飲むだけではなく、摂取を習慣化するためにも、自分に合った形で無理なく摂取できる方法を試してみましょう。